AGA治療薬のプロペシアとは

【AGAの意味】

AGA治療薬という言葉をよく耳にしますが、どういう意味なのでしょうか。
AGAとは男性型脱毛症のことをいい、「Androgenetic Alopecia」(アンドロジェネティックアロペチア)が正式な言い方です。つまりAGAは略語になります。
男性型脱毛症、AGAといえば若くして禿げる、若ハゲを指しているようですが
そうではなく薄毛、抜け毛のほとんどのことを、AGAと称されます。

【AGAに治療薬】

男性の「はげ」といわれるものは、仕方がないものとされてきました。遅かれ早かれ、男性はいつか禿げるもの。「禿げ親父」なんて昔からいたし、マンガにも小説にも必ずどこかに禿げ親父は登場したものです。
でも、最近は 男性もハゲずにいられたら、と考えることが多くなったようです。
特に、若い男性の脱毛、抜け毛は深刻です。
今までは頭皮に刺激を与えてみたり、植毛してみたりしていましたが、今はAGAに治療薬が存在するようになりました。この治療薬がAGAにとても高い効果があるのです。この治療薬は塗り薬でもなく、また外的に手を加えるものでもなく、飲み薬であることが、今までとは全く異なった治療薬であるということです。

【AGA治療薬プロペシア】

今までになかった男性型脱毛症(AGA)の治療薬、それはプロペシアといいます。
このAGA治療薬プロペシアは、男性の「若ハゲ」と呼ばれてきたものに対しての効果が著しく、
AGA患者の9割以上が、なんだかの改善がみられるか、もしくは現状維持という結果が得られています。以上のような臨床試験結果も出ており、現時点で若ハゲといわれる 男性型脱毛症、AGAの治療薬としてプロペシアはとても効果のある治療薬だと取り扱われています。

プロペシアの始まりは、米国メルク社が開発し、一般名はフィナステリドといわれています。
日本では2005年に万有製薬会社(現、MSD株式会社)から発売されたのですが、
元々、AGA治療薬プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発され取り扱われていたものが、
服用した患者さんから「髪が増えた」「濃くなった」「毛が太くなった」などの声が上がり、
育毛剤としてあらためて研究され、現在に至るというわけです。
AGAの症状は30代で約1割、60代になると約5割の方に見られるといわれています。
参考サイト:AGA治療薬のプロペシア

サブコンテンツ

このページの先頭へ